読む

2021.11.12 住職の徒然日記

新刊書『「現成公按」を現成する』のご紹介

新刊書『「現成公按」を現成する』のご紹介

翻訳に明け暮れた日々がようやく終わり、この度春秋社より新刊が出版されました。

『「現成公按(げんじょうこうあん)」を現成する』(奥村正博著、宮川敬之訳)

これは、日本曹洞宗の開祖である道元禅師(1200~1253)の主著『正法眼蔵(しょうぼうげんぞう)』のなかでも最も有名な巻である、「現成公按」巻を読解、解説したものです。原著は2010年にアメリカ・ウィズドム社から出版された英文書『Realizing Genjokoan』で、すでにフランス語・ドイツ語・イタリア語などに訳され、世界的に読まれています。このたび、この本が原著者の母国語である日本語に訳され、刊行されました。

 著者奥村正博老師は、1948年大阪生まれ。1970年22歳のときに、内山(うちやま)興正(こうしょう)老師の弟子として出家得度され、1975年の渡米。以後、三十年以上にわたって、欧米人とともに道元禅師の坐禅を勤め、その教えを解説・実践されてこられました。

すでに20冊以上もの英文著作を出されている奥村老師にとって主著というべき本が本書であり、ここには奥村老師のこれまでのご修行のエキスが織り込まれております。しかも、仏教を知らない欧米人にもわかるように仏教の基礎にたちかえった新鮮かつ実践的な解説で、日本語でも難解とされている「現成公按」巻の画期的な講読がなされています。

 私(宮川)は、20年前に奥村師と初めてお会いし、その誠実でもの静かなお人柄と、しかも仏法への揺るがぬ熱意、忍耐強さ、ご修行へのぶれることのない態度に対し、仏道の先達として敬慕してきました。五年前、本書原著に触れて、これは現代のわれわれに必須で、圧倒的な力を持つ著作だと知りました。

そこで、3年前の2018年、アメリカ・インディアナポリスにある、奥村老師が創設された三心寺(Sanshin Zen Community)にて五日間の眼蔵会(げんぞうえ)(『正法眼蔵』のある一巻を選び、それを読解参究する期間)に参加した折に、奥村老師に直接、翻訳を許可していただくようお願いをしました。奥村老師をはじめ皆様のご協力を得て、このたびようやくこの訳書を刊行することができましたのは、大きな喜びです。

 道元禅師の、そして曹洞宗の教えの基本となるのは「坐禅(ざぜん)」です。

この坐禅は「無所得(むしょとく)・無所(むしょ)悟(ご)の坐禅」といわれ、なにかの目的のためにする坐禅ではなく、坐禅そのものに入り込み、没頭する坐禅です(只管(しかん)打坐(たざ)〔ひたすら(只管)坐禅に打ち込む(打坐)〕)。

なぜこのような坐禅を、道元禅師はご自分の教えの根本とされているのでしょうか。また、道元禅師が書かれた膨大な御著作と、こうした「無所得・無所悟の坐禅」との関係はどうなっているのでしょうか。さらには、こうした坐禅でもって、われわれはこの困難な時代や社会に、どう生きよと教えられているのでしょうか。こうしたことに関心がおありの方は、ぜひこの著作を手に取って見ていただきたいと思います。奥村老師の日々のご修行から読み解かれる文面に、なにかのヒントを得られると確信します。

2021.09.03 お悩み相談

【質問】部活から引退しても勉強に身が入らず困っています。

  
【質問】
 中学三年の女子です。三年間部活動に頑張ってきましたが、三年となり、この八月で引退となりました。親からは、「さあこれから受験をがんばんなさい」と言われますが、そんなに簡単に切り替えられません。ずるずると引きずっている私を見て、「未練たらしいな」と言われます。私もそう思いますが、さびしくて仕方ありません。どうしたらよいでしょうか? (10代女性)

【回答】
 ご質問ありがとうございます。質問者さんは中学生なのですね。これまで部活にがんばってきたけど引退して、さびしい、気の抜けた思いをされているのですね。「受験をがんばんなさい」と言われても、そう簡単に切り替えられませんよね。でも、受験は近づいてくる、勉強しなきゃいけないし、でも身が入らないし、あーあ、というお気持ち、よくわかります。私も求められている原稿の締め切りが来ると、ぎりぎりとそればっかり考えて、さて書き終わって出版社に送ると、気の抜けたような一日を送ってしまいます。かつてはこれが数日続いて、お酒に逃げてみたり、ひたすら寝てみたりしていたのですが、どうも気分が晴れませんし、第一家族に迷惑をかけてしまうので困っていました。要するにリセットができなかったわけですね。
 
 こうした反省から今は、なにか原稿や仕事を一つ終えると、本屋さんに行って、全然関係のない本を見たりして一~二時間ばかり過ごすようにしています。できれば本屋さんは古本屋さんのほうが、時代的な脈絡がつながらない本を見られて、こうした時は特にいいですね。鳥取は古本屋さんが少ないので困りますが、「邯鄲堂(かんたんどう)」(鳥取市吉方)というレトロで素敵な古本屋があり、新刊書でも「定有堂(ていゆうどう)書店」(鳥取市若桜橋)はいろいろ視界を広げてくれる本がうれしい本屋さんです。少し足を延ばして東郷湖畔には「汽水空港(きすいくうこう」(湯梨浜町)という、これまた素敵な古本屋さんがあります。こうした本屋さんをめぐって、本を二~三冊買い求め、美味しい飲み物などと一緒に読んでいると、読んでいるうちに眠くなる(笑)。しばらく眠ってから起きて、それまでの資料を片付けてみると、新しい仕事に少しずつ入れるようになりました。

 これは私の例ですが、「リセットのための一日」というのを作ることをおすすめします。その日が終わったらそれまでの部活関係のものはいったん片付けて目の前から遠ざけるのもいいですね。うまくリセットできるようお祈りします。あ、「リセットの一日」をするときは事前に家族に伝えておくことがいいですよ。妙に心配されるのもストレスになりますものね(笑)。

2021.09.01 住職のおすすめ本

「菌の声を聴け」 ミシマ社

「菌の声を聴け」 ミシマ社

「菌の声を聴け」ミシマ社
渡邉 格・麻里子 著

 こんな話がある。ある老僧が言った。「虚空を掴むことを知っているかい」僧が応える。「知ってますとも」「やってごらん」僧は手で空中を掴む動作をした。老僧「ああ、おまえはやっぱりわかってない」僧「じゃあ、どうやって掴むのですか」老僧は突然、僧の鼻をつまんで力任せに引っ張った。「いたたたた!鼻が取れてしまうじゃないですか!」老僧「そうそう、そうやって掴むのだ」。道元禅師の『正法眼蔵』「虚空」巻に見える話である。

 渡邉夫妻の近著である『菌の声を聴け』を読んで、しきりにこの話を思い出した。夫妻は鳥取県智頭町で、野生の菌で発酵させてパン・ビールを作るお店「タルマーリー」を経営している。本書はパンとビールを作る過程を描きながら、夫妻自身の人生の反省と再生譚とも、会社の移転成功譚とも、社会変革の提案実践とも読める多視角的な本となっていて、非常に面白い。私は特にこの本を、「菌活」(渡邉氏の造語)という実践に根差した、一種の仏教的実践書として読んだ。

 たとえば次の箇所。「野生の菌による発酵は曖昧で動的だ。・・・動的なモノ作りにおいて職人は、日々現象を観察して経験を蓄積し、全体の関係性の中から直観的に最適解を導いていく。・・・すると職人は、大事な素材と一体化して作るモノを自分の分身みたいに感じるようになる」(86~87頁)。野生の菌を降ろして発酵を行おうとする場合、菌と職人というバラバラの個別なものの足し算ではなく、すべてがつながった大きな全体的環境のなかで、環境の一部としての菌を、環境の一部である職人が扱うという状況に自覚せざるを得ない。このことは結果として、職人自身をも含まれる全体の一部として、自分自身としての発酵を扱うということになる、というのである。さきほどの「虚空を掴む」話では、虚空とはさとりのことだが、僧は虚空を、自分とは別の、掴むことができる対象だと思っていた。しかし、虚空=さとりとは、僧自身をも含む世界全体のことであって、虚空を掴む(さとりを開く)とは、全体とのつながりのなかで存在する自分を掴むことだ。だから老僧は、自分自身を動的に、実践的にとらえてこそ、「虚空を掴む」としれ、と言ったのである。この逸話はそうした意味で、渡邉夫妻の発酵の実践(「菌活」)と照らしあう話であるように思っている。

 本書ではまた、「発酵を取り巻く環境は、単純な「因果」ではなく、複雑な「縁起」で捉えるべき世界だろうと思う」(85~86頁)とも言われ、『般若経』の「空(くう)」の教えや、「禅」の修行の要諦と照応する言葉も見える(巻末の参照文献では仏教学者梶山雄一氏の本も見えている)。こうした仏教と照応する知見が、モノづくり、地方からの生活スタイルの見直しに直結しているのを見るのは新鮮な驚きである。実は渡邉さんのお子さんは、智頭の森のようちえん「まるたんぼう」で私の息子の二年上のお兄さんだった。「タルマーリー」のチーズのパンが好みで、一家でよく食べている。お近くに優れた理論家=実践家がいらっしゃることはとてもたのもしい。

2021.07.01 住職の徒然日記

翻訳まで

 鳥取のお寺に生まれて、久松山の麓にある学校に、幼稚園、小・中・高校と、あわせて十四年間も通った。半ば無意識下で受けた強制によって、半ばは自主的な選択のつもりで、生家の宗派の僧侶になった。学生時代に母が亡くなり、約十年前に師匠である父が亡くなって、お寺を継いで住職となった。

 お寺は鳥取大火で焼けてから完全な復興が出来ていなかった。だから復興が責務だった。お檀家さんと協議を重ね、幸いに私の代に建物部分の八割の復興を遂げた。二〇一六年の秋のことだ。復興できて天にものぼるほどうれしさが湧きあがるかと思いきや、このときに私はただ茫然とし、混乱していた。

 復興事業は、物心つく頃から(正確には生まれる前から)営々と続けられていたもので、それで私は、自分の生あるあいだこの事業がずっと続くものと、心と体の奥底で固く思い込んでいたらしかった。つまり私は、復興事業に完全に依存していたのである。その依存が(八割の完成であっても)外される現実になって茫然とし、混乱してしまったのだった。私はそのときより復興を第一に考える住職から、別の生き方を探すよう転換を余儀なくされたのである。

 どのように生きるか。僧侶をやめるつもりはない。お檀家さんとお寺を守っていくことはこれまでと変わらない。だがそのうえで、私がなるべき僧侶とはなにか。うちの宗派は曹洞宗で、その祖である道元禅師の主著『正法眼蔵(しょうぼうげんぞう)』は世に難解をもって鳴る。この本に真正面から取り組んでみようか。小さい頃から本屋に入り浸り、駅前の旧富士書店二階の岩波文庫の棚前と、定有堂書店の思想書の棚前に行くことが、高校卒業までの生きがいのほとんどすべてだった。やはり本が読みたい。うちのお寺には坐禅堂もある。坐禅ができる。ならば坐禅をして『正法眼蔵』を読み解く僧侶になろう。そう思った。

 
 そこで何回か、有志の方々の前で『正法眼蔵』の講義を行ってみた。見かけは取り繕ったが、やりながら正直のところ、まるで歯が立たないと思っていた。誰かの二番煎じの解説を、ただ口から垂れ流しているようにしか思えなかった。この本を現代に読むことについて、自分で納得できる、地に足が着いた説明ができていない。蒼ざめた。坐禅の修行を根底にして、学問的蓄積も参照しながら、自分の問題として根本から考え、わかりやすく語る。そんな説明がなぜできないのか。できないならそうした解説をまず探し、勉強すべきだろう。探索の末、見つけた! だがそれは日本語の本ではなかった。日本人僧侶が英語で書いた『正法眼蔵』「現成公按」巻の解説本だったのである。

 それは『Realizing Genjokoan(現成公按の実現)』という本だった。著者は奥村正博(おくむらしょうはく)という人で、一九七〇年代、二十代の時にアメリカにわたり、以来五十年にわたって欧米人とともに修行しながら、道元禅師の著書の翻訳・解説に尽力されてこられた方である。

 仏教を知らない欧米人へ説くことを前提にしているので、坐禅の実践に基づき、根本的な知識の説明から、驚くほど明快な解説がなされている。とはいえ英語である。だれか日本語に訳してくれないだろうかと思った。同時に、奥村師が住むアメリカ三心寺(さんしんじ 老師が開かれたお寺)に行き、勉強・修行のやり直しをさせてもらいたいと願った。

 後者の希望は二〇一八年にかない、友人三人とともにブルーミントンの三心寺で連続講義を聴講できた。朝五時から五十分の坐禅を一日に七回、その間九十分の英語の講義を午前午後二回。それを五日間。へとへとになったが、僧侶の骨格を作り直してもらった気がした。何よりも七十歳を超えた奥村師が、この修行を参加者(我々四名の日本人僧以外、欧米人の僧俗三十人)と孜々と行じておられる姿は圧倒的だった。

 五日間の聴講のあと、私は自分に翻訳をさせてほしいと奥村師に願い出ていた。できるできないでは、もはやなかった。修行として行うのだ。その場で奥村師より承諾を受けて、本一冊の翻訳が始まった。

 本格的な翻訳は初めてだったし、力不足と日常のいろいろを言い訳にして、一年たっても三分の一も翻訳できなかった。このままではいけないと思っていた矢先、思いがけない事態が出来した。新型コロナウイルスのパンデミックである。

 お寺の活動のほとんどが中止となり、緊急事態宣言のさなか、私は改めて、すがるように朝晩翻訳を続けた。この本には、奥村師の人生が刻まれていて、そのお声に一日中浸ることができるのはなによりの救いとなった。十年以上前に出版された本であるのに、驚くべきことに今回のコロナ禍の世界の混乱と衝突までが予見されているようで、それを道元禅師の一文一文と正確に連動させて読み解かれている。

 予言の書を読み進めるかのように、私は半ばとり憑かれるように翻訳していた。今年一月に脱稿し、奥村師の大幅な加筆訂正を頂いて、今年の秋には春秋社より出版するはこびとなった。題名を『「現成公按」を現成する』という。混乱と衝突の現代に道元禅師の仏教を実践するとはどういうことかを、これほどまでに切実にわかりやすく書いてくれている本を、管見にして私は知らない(定有堂書店『音信不通』第60号)。

    

2021.07.01 お悩み相談

【質問】大病が発覚し、どう気持ちを保てばよいでしょうか。

【質問】大病が発覚し、どう気持ちを保てばよいでしょうか。

【 質問 】
60代を超え、これまで病気のひとつもしていなかったのですが、大きな病気が見つかりました。今は夫婦で二人暮らしをしていて、子どもたちは都会で仕事をし、家庭を持っています。まだまだ自分は長生きをするものだと思っていたので、突然「死」というものが目の前に姿を現したことに戸惑っています。何かに没頭していると忘れることもあるのですが、不意にそのことを考えてしまい、時には大きな不安に押しつぶされそうになります。前を向かないといけないとは思いつつ、どう向き合っていくのが良いのでしょうか?    (60代女性)

【 回答 】
お便りありがとうございます。大きな御病気が見つかられたとのこと、治療もお辛いのではありませんか。毎日、ご不安で、心に重しがのったような御気分ではないかと思います。よく御相談くださいました。直接お話をさせていただきたい気持ちです。書面でのお答えでお許しください。

 御相談のお言葉からうかがえますのは、相談者様がとても強い自制心をお持ちの方だろうということです。ご家庭の内でも外でも、いろいろなお役を誠心誠意お勤めでいらっしゃったのではないですか。お嫁さん、お母さん、御夫人、PTAのお役、ご近所付き合い、など、ご家庭でこなす役は多く、さらに働いていらっしゃるならば職場での関係も加わります。そうて築いてこられた役割や立場、重ねた経験がありながらも、突然、想定外の事情が起こることがあります。そのような場合、私たちは混乱しますし、呆然とし、悲嘆のなかに落ち込みます。多分私もそうなります。そのときに「前を向く」というのはとても難しいことですし、必ずしもすぐに必要な道筋ではないような気がします。

相談者様にいま必要なのは、むしろ、丁寧に淹れたお茶一杯を心からおいしいと思えることではないか、と思います。あるいは太陽の光をしみじみ気持ちいいと思えることではないでしょうか。おいしい、気持ちがいい、としみじみ思うことは、「前に向こう」「物事を整理して進もう」と思うことから少し外れます。分別をつけて前進することは、必要と不必要を分けて、不必要を振り切ることです。でも、おいしい、気持ちがいいとしみじみ思うのは、相談者様の身と心が御病気ごと、不安なお気持ちごとそのように感じている、そのことを慈しむことです。そこでは必要と不必要を分けること自体がいらなくなります。無理に前を向こうとせず、おいしいなと思いながら、気持ちがいいなと感じながら、ご自身の体と心をまるごと、御病気ごと、いたわってあげてください。よくやってるな、ありがとう、とご自身の体と心に言ってあげていただきたいと思います。